青森 木村歯科医院 | 予防歯科

一般診療 義歯(入れ歯) 訪問診療(往診) 歯周病治療 顎関節症治療 木村歯科医院    ご予約・お問い合わせ TEL0178-52-7707 問診表ダウンロード

予防歯科

予防歯科とは

予防歯科とは

歯科医院に行くことで歯の痛みの原因を根本から取り除いてくれますが、少なからず歯の寿命を縮めてしまいます。歯は一度削ってしまったら、もう元には戻りません。痛くなってから行く⇒歯を削るの悪循環をとめることが重要です。そのため、近年はむし歯や歯周病にならないためのケアが重要視されてきているのです。ずっと健康な歯を保つためにも、むし歯になり治療によるダメージを歯に与える前に予防を心がけることが大切です。


定期健診について

歯の健康のためには、日ごろからフッ素入りハミガキを使って、ていねいに歯をみがくこと、そして、定期的に検診を受けることが大切です。・治療などの必要がなくても、少なくとも1年に1~2回は受診するように習慣づけましょう。口の中をチェックしてもらったり、歯みがきでは落とせない歯石や着色汚れなども落としてもらったりすれば、むし歯や歯周病の予防にも効果的です。家庭でのケアと、歯科医院での定期的なケアを上手に組み合わせて、いつまでも健康な歯を守りましょう。

定期健診の内容

  • 1歯や歯肉のチェック
  • 2ブラッシングの確認
  • 3歯石の除去
  • 4PMTC(歯のクリーニング)
  • 噛み合わせのチェック
血や膿が出る

PMTC (プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)

PMTCとは、専用の器具を用いて行うプロによる歯のクリーニングのことです。毎日のブラッシングで落としきれなかった汚れを完全に除去し、むし歯や歯周病を防ぎます。どんなに毎日丁寧に磨いていても、磨き残しはどうしても出てしまうものです。歯と歯ぐきの隙間(歯周ポケット)には歯ブラシが届かないのです。PMTCをすることにより、自身では取り除けない汚れを除去し口腔内を清潔に保ちます。

PMTCの流れ

ステップ1
歯と歯の間の清掃をします。
研磨剤と円錐形のゴムチップで歯と歯のあいだを磨いていきます。 歯肉のマッサージ効果も期待できます。
ステップ2
歯の表面磨きます。

歯の表面のでこぼこをなくすため、ゴムのカップ状の器具で磨きます。
ステップ3
研磨剤の洗浄します。

歯についた研磨剤をきれいに洗浄します。
ステップ4
歯と歯の間の清掃をします。
フッ素を塗布し完成です。

子供の予防(6才臼歯)について

子どもの予防

永久歯の第1大臼歯のことを一般的に6才臼歯といいます。この6才臼歯は永久歯の中で最も早く生えてくる歯で、6才くらいに生えてくるのでこのように呼ばれています。6才臼歯は永久歯の中で一番始めに生えてきて、上と下の歯の噛み合わせを決定します。6才臼歯が正しい場所に生えてこないと、次に生えてくる歯の歯並び、顔の形、噛み合わせに悪い影響を及ぼします。乳歯の1番奥のさらに奥に生えてくるので歯ブラシが届きづらくなります。そのため、みがき残しが多くなります。また、生え始めの時期はエナメル質も柔らかく、酸にとても弱い状態なのでむし歯になりやすくなります。


○ フッ素によるむし歯予防
フッ素には、歯質を強化して、むし歯になりにくい強い歯をつくる、むし歯になりかけた部分の再石灰化を促進し、自然修復を促す、抗菌作用や抗酵素作用で、むし歯菌の繁殖を抑制するといった効果が期待できます。
○ シーラントによるむし歯予防
シーラントとは、奥歯の溝を薄いプラスチックで埋めて、むし歯にならないようにするむし歯予防法です。奥歯の溝は複雑な形をしているので歯ブラシの毛先が入らないためしっかり歯磨きをしていても、むし歯になってしまうことがあります。その場合、シーラントで奥歯の溝を塞ぐことにより、奥歯の溝のむし歯を防ぐことが可能です。